忍者ブログ
Opera と W-ZERO3[es] のカスタマイズについての覚書き…
ADMIN | WRITE | RESPONSE
W-ZERO3[es] | Opera | Button | JavaScript | menu.ini | search.ini | opera6.ini | mouse.ini | Google | 未選択 |
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
コメント
トラックバック
Tags
ブログ内の検索
Google
Web このブログ
関連商品

Opera & W-ZERO3[es]のショッピング

QRコード
アーカイブ
カテゴリー
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

テキストボックスで不便だったのをきっかけに、メニューをいぢったりしてたわけですが。
マウスで文字を選択している場合に、検索ダイアログに選択した文字が設定されなかったので、
\profile\menu\*_menu.ini ファイルの
[My Search Menu TypeT]セクションに
Item, 21208=Copy & Find & Paste & Find next,"%c"

といぢってみました。

PR
標準のテキストボックスでの右クリックメニューに機能を追加しました。
ちなみに、%t では、選択された文字を取得できなかったので、
Copy & Execute program とし、%c から選択された文字列が取得できました。
これにより、他の機能で %t としている箇所を全部なおしました。
ちなみに、JavascriptのgetSelection()もダメでした。
document.selection.createRange().text;は取得できました。


日本語と中国語での翻訳機能が必要になりInfoseekの翻訳機能を追加します。

ちなみにテストは不十分です…( ’∀’)

更に、気が変わって、作り直しました(,,゜∀゜)

\profile\menu\*_menu.ini ファイルに
[Source Viewer Menu] セクションを追加します。
[Source Viewer Menu]
Item, 44002=View document source
Item, "スタイルシートの表示"=Duplicate page & Go to link element, "Stylesheet"
--------------------1
Item, -1269937528=Set preference, "User prefs|Source Viewer Mode=1",,-1269937528,Attachment Documents
Item, -1006151541=Set preference, "User prefs|Source Viewer Mode=2",,-1006151541,Attachment Documents
Item, -465773983=Set preference, "User Prefs|Source Viewer Mode=3",,-465773983,Window Browser Icon


で好きなセクションに
Submenu, 44002,Source Viewer Menu

を追加する

ツール」「設定」「一般設定」メニューを辿るのが面倒なので、起動ダイアログを表示する、しないを簡単に変えられる用にこんなメニューを追加しました。

メニューに追加する場合は、
\profile\menu\*_menu.ini ファイルに
[Startup Type Menu] セクションを追加します。
[Startup Type Menu]
Item, 1460510403=Set preference, "User prefs|Startup Type=0",,1460510403
Item, -1760565253=Set preference, "User prefs|Startup Type=2",,-1760565253
Item, 1612275836=Set preference, "User prefs|Startup Type=3",,1612275836
Item, -82217585=Set preference, "User prefs|Startup Type=4",,-82217585
Item, 772433964=Set preference, "User prefs|Startup Type=5",,772433964


で好きなセクションに
Item, 772433964=Set preference,"User prefs|Show Startup Dialog=1",,,"Checkbox Skin" > Set preference,"User prefs|Show Startup Dialog=0",,,"Checkbox Skin.Selected"
Submenu,1696547221,Startup Type Menu
--------------------1
Item, 67423=Save window setup,,,,"Save"

を追加する。

気が変わって、ちょっとまともに作り直しました(,,゜∀゜)

\profile\menu\*_menu.ini ファイルに
[Source Viewer Menu] セクションを追加します。
[Source Viewer Menu]
Item, -1269937528=Set preference, "User prefs|Source Viewer Mode=1",,-1269937528,Attachment Documents
Item, -1006151541=Set preference, "User prefs|Source Viewer Mode=2",,-1006151541,Attachment Documents
Item, -465773983=Set preference, "User Prefs|Source Viewer Mode=3",,-465773983,Window Browser Icon


で好きなセクションに
Include, Source Viewer Menu

を追加する

Google Toolbar で云うとこの マウスオーバー辞書 と同じようなPOP辞書サービスを使う。

ツール」「設定」「一般設定」メニューを辿るのが面倒なので、起動ダイアログを表示する、しないを簡単に変えられる用にこんなメニューを追加しました。

メニューに追加する場合は、
\profile\menu\*_menu.ini ファイルの
[My Document Popup Submenu] セクションに
Item, 772433964=Set preference,"User prefs|Show Startup Dialog=1",,,"Checkbox Skin" | Set preference,"User prefs|Show Startup Dialog=0",,,"Checkbox Skin.Selected"
Item, 67423=Save window setup,,,,"Save" ;セッションの保存

とかしてます。

%u とかの特殊な変数" で括った中でないと動かないようにOpera9.0からなったらしい…(,,゜∀゜)
%xのxが大文字の場合(%S)にはその特殊な変数自体が"で括られて渡される
ウチでは絶妙のバランスで以下のScriptが動いていますが、絶対に真似しないように、環境がズタボロになる可能性が高いです…( `Д´)

Item, "再起動" = Exit & Execute program, "D:\Program Files\Opera\Opera.exe"


リンク

Shop with confidence - new fraud protection from Opera Keep your online life moving with Opera Mini

Google






RSS





Powered by Podcastリスティング
Powered by 忍者ブログ
Copyright © 2006 - 2007 Opera & W-ZERO3[es] All Rights Reserved.
忍者ブログ | [PR]